つらつら。

片付けたいのに、食べてばかり。予約投稿多め。

さめ鮫サメな水族館

京急油壺マリンパークへ行ってきました!

公共交通機関で行くと電車とバスを乗り継ぎ、3時間くらい。

完全に旅気分になりますねー、この距離。

基本的に、始発近くから終点まで乗る感じなので、どうにか座れて良かった。

おかげで移動時間は爆睡です。笑。

f:id:kanznote:20151012115548j:plain

もっと近くにも水族館は色々あるんですが

以前に、サメを調理して?食べる機会があった時に

一緒に参加していた友人と、サメ好き、鮫肌好きで意気投合しまして。

いつかサメ見に行こうー!と盛り上がったのですが

油壺ではサメに触れるらしい、と聞きつけ早速行ってきたのです。

f:id:kanznote:20151012115320j:plain

マリンパークについて、さて色々見て周りますか、と向かった入り口に

ヒトデ・ナマコを触ってみよう!の隣に

なんと「サメを触ってみよう!」のコーナーが。

到着早々、目的を果たしてしまう私たち。

怖がりながら恐る恐る触れる子どもたちの横で、

サメが鬱陶しいと思ったであろうくらい触る大人たち。

鮫肌の気持ちよさに夢中で触りました。笑。

ネコ鮫とイタチ鮫。大人しい種類で可愛い。

お腹はツルツルしているのね。

f:id:kanznote:20151012115733j:plain

今回のメインは勿論サメなんですが、他の魚の展示も色々見ました。

家族連れが「あの魚、可愛いね~、面白い色しているね~」という会話をする中

我々は「あれ、食べると美味しいやつだよね。あれも食べられるのかな。」と。笑。

相模湾など近海で捕獲された展示が多いようなので、

普段食べているのが多いのは仕方がないということで…。

 

鮫が複数種類いる展示では、全部の鮫を見分けようと奮闘。笑。

他にも鮫の展示はあったと思うけれど、こんな感じ。

特に、大水槽にいる大型鮫の見分けに四苦八苦。

レモン鮫とオオメジロ鮫ですね。最終的には背びれ2個目の大きさと

尾びれの雰囲気で見分けられたと思う(多分)。

メガマウスの展示も、捕獲から解体・展示に至るまでの動画なんかもあって

面白かったな~。

全体的に、昔ながらの感じが残る家族向け水族館ですが

鮫満足度はかなり高めですよ~。

f:id:kanznote:20151012115516j:plain

水中で寝ているのか、漂ったまま動かない撮影してくれと言わんばかりのイカが

いたので、沢山撮ってきました。

距離感とか、動かないとは言え揺れるのでブレとか撮るのには難しかったけれど

このイカ、とにかく可愛かったです。

 

イルカ・アシカショーも外せないよね、ってことで鑑賞。

スター・○ォーズをインスパイアした内容で、つっこみ所満載だったけど

大人が見ても意外と面白いです。

f:id:kanznote:20151012120118j:plain

真剣白刃取りをするアシカくん。

f:id:kanznote:20151012120233j:plain

イルカくんは、もっと可愛い写真もあったけれど

このちょっと怖い感じ(口とか)が結構お気に入りなんですw

f:id:kanznote:20151012115649j:plain

閉園時間迫る中、最後に見たアシカ島では、アシカくんが爆睡中。

声をかけてみても、五月蝿そうに片目を開けて一瞥するだけで

いびきを掻きながら眠りの世界へ…。なんて気持ち良さそうな顔でしょう。

歩き回って少し疲れていたので、羨ましくもあり。

 

大満足の、京急油壺マリンパーク探索でした♪

次は、サメと言えば、な大洗水族館かな~。