つらつら。

片付けたいのに、食べてばかり。予約投稿多め。

(映画)WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT

だいぶ前ですが…Perfumeのドキュメンタリー映画「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」を見てきました。

彼女達のファンだから見に行った、というのも勿論あるけれど

このツアーのDVDも既に見ているしなぁ、とも思っていて。

そんな時にファンでも何でもない友人が見に行って、

とても良かった感動したよという感想を聞いたから、というのが結構大きい。

f:id:kanznote:20151127074855j:plain

結果、やはり見に行ってよかったなー。

隣の席の人が号泣しすぎてて、何だか集中し切れなくて泣けなかったけど。笑。

 

ライブDVDともTVでの特集とも違った舞台裏を垣間見えて面白かった。

始まりは、CG演出とともに流れたライブの模様で。

かっこいいんだけど、酔っちゃいそうだなーというぐるんぐるん映像。

2時間あれが続かなくて良かった…。

 

それ以降のドキュメンタリー部分は、驚くほどシンプルです。

ドキュメンタリーにありがちなドラマ、というか波乱や事件は起こりません。

多分、実際には起きているんだろうし、そういうのが垣間見える部分もあり。

あーちゃんが首を冷やしているな、とか3人とも足のメンテナンス大丈夫かな

とか。海外で機材が遅れて届いたりもしていたし。

 

でも、それらは映画の中ではドラマティックな部分にはなっていなくて。

ひたすらに、冷静に善処しながらライブを作り上げていくチームが印象的でした。

 

それに時系列式の記録ムービーのような淡々さが、

同じような映像が繰り返されるという意味で、単調でもあるんだけど

定点観測的目線で繰り返しつづられている事で、公演毎の違いも分かると言うか。

それに、寧ろそのおかげで、3人のプロフェッショナルさをビシバシ感じる

凛としたドキュメンタリーに感じました。

 

3人とチームの皆さんの阿吽の呼吸というか

ライブ会場やお客さんの反応を見てセットリストや曲間の調整、マイクの段取り。

曲間に次の曲名を言うか言わないか、もうそれは本当に細かいところまで。

ここまで3人で決めているとは思っていなかったので驚きました。凄かったです。

 

リハ後やライブ後に反省会をやっていて、その様子も映されているんだけど

その反省内容もライブ直後とは思えないほど冷静で謙虚で的確で。

特に、あーちゃんの仕切りはとても勉強になるなと思いました。

と同時に、こういう人と仕事がしたいなぁ、なんて思ったり。

 

のっちが大胆にダンスを間違える部分もあって

その日の反省会でその話が出たときに、笑いあいながらも

しっかり振り返って確認しながら次へ向かう姿は男らしくて清清しいというか。

 

ライブから離れたときの可愛らしさとのコントラストもあって

チームのプロフェッショナルさに感動した映画でした。

メンバーのインタビューやコメントも良かった。

一番グッときたのは、ライブ前恒例のステージ袖での気合入れ。

あーちゃんのコメントが熱くて温かくて素敵でした。

 

思いがけず仕事観を振り返るきっかけにもなり

見ごたえのある2時間でした。DVD化しないかしらー。

 

 

宇多丸さんのコメントもいいなぁ。

miyearnzzlabo.com